「タニガキ建工」 プログ



私たちの会社は、
調査設計業務、地すべり対策事業、法面防災事業、
地下資源開発事業、総合建設事業等を通じて
常に新しい技術、新しい価値を創造し、
自然にやさしい企業をめざしています。




■ TOPICS ■

(12/17)年末年始の休業日のお知らせ
(10/20) ホームページをリニューアルオープンしました!!
(03/15)現場見学会を行いました
(02/01)循環型社会をめざして
(05/23)NTEISに登録しました
(04/04)環境にやさしい大口径掘削工法
(01/05)ごあいさつ



2005年04月04日

環境にやさしい大口径掘削工法

mast.bmp地すべりの抑止杭、土留杭、仮設桟橋などの基礎、そのほか場所打杭工で大口径掘削工法が必要なケースが数多く有ります。
しかし、現場条件によって様々なハードルをクリアする必要があり、工法の選定に苦慮されることも多いと思います。

そこで、マストドリリングシステムをご検討下さい。
様々な問題を解決することでしょう。

詳しくは、 -->


【関連する記事】
posted by タニガキ建工 at 18:00| マストドリリングシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

ごあいさつ

aisatsu1.jpg当社ブログにアクセスして戴きまして誠に有り難うございます。
 わが社は和歌山県北中部の海草郡美里町で昭和29年9月に「谷垣建設」として創業し、昭和48年5月に「谷垣建設興業株式会社」として法人設立いたしました。また、平成6年7月には貴志川町に事務所(地質調査部門)を開設、平成8年10月には「株式会社 タニガキ建工」と社名を変更し、現在に至っております。
 和歌山は御存知の通り、海岸部および人工埋立地を除くと、沖積軟弱地盤の少ない地域であります。反面、紀ノ川沿いに走っている1級断層の「中央構造線」、他にも「有田川構造線」・「仏像構造線」等の断層が多い地域でもあり、この断層の地質地形的要因により、「地すべり」・「崖崩れ」等の山地災害が多く発生、数多くの地すべり指定地が散在しております。
 当社も、この地すべり調査、地すべり対策工事を始めとし、道路・トンネル・橋梁改築のための調査、法面防災工事、基礎改良工事、さく井工事に重点をおいて活動しております。
 この和歌山の土地が備えているエコシステム、即ち土地生態系に併せる技術力をつけ、調査設計からそれに対応できる施工技術まで、一貫したサービスが当社のモットーであります。
 近年、土木業界にも世相を反映して沈滞ムードが拡がっておりますが、このような時期にこそ技術力を蓄え、クライアントに満足して頂けるより良いサービスを提供できるように努力していきたいと考えております。

ラベル:ごあいさつ
posted by タニガキ建工 at 17:30| タニガキ建工について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。